数年ぶりに復活! 今夏、激アツの和歌山・カツオ釣りマニュアル

連載:きくりんのFishingSchool

菊池 雄一(きくち ゆういち) プロフィール

「きくりん」の愛称で親しまれ、船タチウオテンヤ、落とし込み、ノマセ釣り、イカ(イカメタル・オモリグ)、タコなど、春夏秋冬の旬の釣りを楽しむ、マルチアングラー。ホームエリアは関西ながら、関東在住の環境を活かし、積極的に開拓中。ダイワスタッフ

皆さま、こんにちは。きくりんこと、菊池雄一でございます。

新連載「きくりんのFishing School」の第2回目は、「今期激アツのカツオ釣り」。

今年からまた新たに、和歌山県市江崎沖に観測ブイが設置され、ブイ(通称波浪ブイ)の周りで本ガツオが回遊しています。ここ数年間は観測ブイが取り外されており、カツオ釣りを楽しむことができませんでした。

回遊性の魚なので、いつまで狙えますと公言はできませんが、現時点では非常に高活性の状況であります。

それでは…
・実釣レポート
・基本の釣り方(キモの部分公開)
・オススメタックル
の3項目に分けて、ご紹介していきます!

今回のお題:今年は激アツ! 和歌山・波浪ブイのカツオ釣り

和歌山のカツオ釣りの基本スタイル

・ロッドは2.5m前後、オモリ負荷100号。パワーファイト可能なタイプ
・リールは電動リールでPE6~8号が巻けるもの
・大型の弓型天ビン+Mサイズレベルのオキアミマキエカゴ+100号オモリ
・仕かけは1ヒロ(1.5m前後)1本針(太軸の針)、ハリス12~16号前後

水深は250m前後ある沖合ですが、狙う水深は10~20m前後が基本(狙う水深は船長の指示に従ってください)。

天ビン仕かけで、マキエ(オキアミ)を撒いてアタリがあれば、聞きアワセを入れてから、ドラグガチガチのゴリ巻きファイト!

エサ付けは下の画像の通りで、基本は尻尾を取ったオキアミのダブル付け。

食い渋り時には1匹付けも有効です。

 

タックル、釣り方は至ってシンプルですが、相手はカツオ。カツオは魚の中で最もスピードとパワーがあります。ヒットしてからアングラーがひるんでいては、なかなか釣り上げられません。

オマツリしたり、針が外れてしまったりするので、ヒットすれば強引にやり取りしてください。

また、このエリアでは船団ができていて、船長は操船に忙しいために、なかなかタモ入れがしてもらえません。同船の方に手伝って頂くか自身で抜き上げ、もしくは、タモ入れをする必要があります。

7月中旬にカツオの実釣に行ってきました!

3時半に港に集合し、ポイントに着いたのは5時前。開始1投目から、同船の方にヒット。自分にはきません。次もきません(笑)。

そして、次にヒットするも、ピックアップのタイミングでバラシ…。しばらく経って、ヒットしました。

狙いの水深は10m。10mの位置でマキエを撒き、そのままステイの釣りです。45cm、1kg前後のカツオの顔を見られて幸せでした。

そこから少しずつ釣果を伸ばし、5尾釣ったところからリズムに乗りだし、膝の神劇場でした(幸)。

納竿10分前に船長に煽られつつも、目標の2ケタ10尾を取り込み、成長したなと感じちゃいました(笑)。

最大は2kg弱ぐらいですが、めちゃくちゃ旨そうな肥えたカツオでした!

まとめ

カツオ釣り(和歌山)の5つのキモ

① マキエは一気に出しすぎないこと。本当に少しのエサがパラパラ出るぐらいがベスト! ベターでなくベストです。サシエに集中アタックさせる意味でも。

② ロッドに少しでも違和感を感じたら、すぐにアワセを入れてください。上アゴに針が掛かれば、確実に獲れます。

③ 潮の緩いタイミング、食い渋りのタイミングでは、針サイズは落とす、オキアミを1匹付けにして自重を軽くとするとGOODです。私は膝のGODです! 名言じゃ(笑)。

④ 取り込み時に手が切れる可能性があるので、グローブをする、もしくは指サックなどは必需品です。

⑤ ヒットすればロッドを立てて、テンションを緩めず早巻きで、一気に水面に浮かせてください。

きくりんのピックアップ製品

・ロッド:ゴウイン落とし込みH-245・R
・リール:シーボーグ600MJ
・ライン:UVF PEデュラセンサー×8+Si² 6号
・天ビン:快適天秤アーチ2.0mm-50cm
・オキアミカゴM+オモリ100号
・仕かけ:快適メジカツオ仕掛けKS ハリス12~16号

ダイワ(DAIWA)

1958年の創業、リール、ロッド、ルアー、用品などあらゆる釣り物のフィッシングタックルを扱う総合ブランドとして、国内、海外に多くのファンを抱えている。ジャパンクオリティの品質の高いアイテムを日々開発、その過程で、世界初となるテクノロジーも数多く輩出している!
釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!