で、でたー! 激アツの釣り場で15.9kgの「ブリ」が登場!

青物が高確率で釣れると話題の、和歌山・串本のカセ釣り。

カセって何?

カセとはボートのことで、アンカーや養殖筏に固定しており、船長がポイントまで案内してくれるため、免許が必要なくのんびりと自由に釣りを楽しむことができます。

そんなカセ釣りで、とんでもない釣果がでました!

河田フィッシングで15.9kgのブリが登場

串本港から出船している河田フィッシングで、8月26日に何と15.9kgのブリが登場しました。

一瞬目を疑うような大きさ。

串本のカセは青物がよく釣れ、時には10kgオーバーが釣れることもありますが、15.9kgは驚きです。

この真ん中にいる一番デカい魚が15.9kg。

で、でかい。

しかも大漁じゃないですか!

持ったらこんな感じ

これは、嬉しいに決まっています。

どんな引きなのか、想像するだけでテンションが上がってきます。

冷凍イワシをエサにして狙う

ちなみに、釣り方は冷凍イワシをエサにした、ズボ釣りで狙います。

仕かけがシンプルなので、ダイレクトに魚の引きを感じることができるのも、魅力です。

仕かけ図

 

こんな大きなブリがいると分かると、行きたくてウズウズしますよね。

串本のカセから狙う青物は、これからが本格的なシーズン。

ロングランで楽しむことができるので、ぜひデカいブリを目指して釣りに行ってみてくださいね。

河田フィッシングの詳しい情報を見る
釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!