美味しいと評判! 最高峰のブランドフィッシュ「加太のタイ」を釣るなら今!

美味しい加太のタイ

速い潮と豊富なエサがあることから、身がしまって旨味をたっぷり含んでいる「加太のタイ」は、最高峰なタイのひとつと言われます。

そもそも加太って何処?

加太は、和歌山県北部に位置する漁業が盛んなエリア。

その加太沖は、本州と淡路島、さらにその間に友ケ島とよばれる2つの島があることにより、速い潮が流れます。

また、タイの棲み処となる場所が多いため、古くから美味しいタイがよく釣れる場所として、関西を中心に広く認知されています。

 

筆者も加太のタイを食べたことがありますが、正に絶品。身が締まっているだけでなく、旨味もたっぷりと含んでいました。

秋はアタリが多く、ビギナーでも期待できる

さて、そんなタイですが、何故この時期がいいかというと、水温が安定して高く、夏の高水温時や厳冬期に比べてヒットが多いから。

つまり、この釣りに慣れていない方でも、比較的高い確率で美味しいタイがゲットできるという訳です。

しかも、秋は”裏旬”とも言われ、産卵で失った体力もしっかり回復して、身に脂が乗る季節。

とっても美味しいタイをいただくことができます。

伝統釣法「ギジエマダイ」で狙う

加太のタイの狙い方は、「ギジエマダイ」と呼ばれる釣り方。

高仕かけと呼ばれる、全長が10m以上もある長い仕かけを使用します。

さらにエサは使用せず、ビニールや毛糸などを使用したギジエを使用します。

面白い釣りですよね!

仕かけ図

エサの代わりに使うビニール

50cmのアジも期待できる

この釣りでは、タイのほかにアジやサバも釣れます。

50cmオーバーのアジが釣れることもあるため、そちらもぜひ期待したいところです。

美味しい加太のタイを釣るために、皆さんもぜひ釣りに行って、食べてみてくださいね!

 

加太漁港から出船している釣り船の詳しい情報を見る
釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!