人気絶頂! 関西エリア落とし込み完全攻略「釣果アップの7つのポイント」

連載:きくりんのFishingSchool

菊池 雄一(きくち ゆういち) プロフィール

「きくりん」の愛称で親しまれ、船タチウオテンヤ、落とし込み、ノマセ釣り、イカ(イカメタル・オモリグ)、タコなど、春夏秋冬の旬の釣りを楽しむ、マルチアングラー。ホームエリアは関西ながら、関東在住の環境を活かし、積極的に開拓中。ダイワスタッフ

今回は、大阪湾の船釣りで人気急上昇中の落とし込み釣りについて。

落とし込みとは、食物連鎖を生かした釣りの1種。この釣りは青物などの大型の魚を狙う釣り方で、エサとなるイワシやアジの反応を探し、そこへサビキを投入しエサが針に掛かれば、底付近にエサの付いたサビキを落とし込み、そこへ青物やヒラメなどが食い付く釣り方です。

単純な釣りの中にも、いくつかのポイントがありますので、ご紹介したいと思います!

今回のお題

人気絶頂!関西エリアの落とし込み完全攻略「釣果アップの7つのポイント」

通常のサビキ釣りとは異なり、アミエビを撒くこともないですし(一部のエリアではアミエビを撒いてエサを掛けることもある)、竿を上下に誘って釣るようなこともありません。ちょっとかわった釣り方になります。

例えば 水深80mでベイト(エサ)の反応が40~60mであるとすれば、サビキを落とし込んでいき、ベイトを掛けます。上から下の釣りです。イメージできますでしょうか?

落とし込んでいく際には…
①フリーフォール
②テンションフォール
③サミング(ストップ&ゴー)
の順で誘います(上から1番よく掛かる釣り方、掛からない際に②、③と展開していきます)。

ベイトが掛かれば、反応の切れ目(60m付近)、もしくは80mの底付近で、本命のアタリを待ちます。本命の食い気が立っている際には、ベイトが掛かってすぐに、もしくは狙いのタナに着いてすぐに、ロッドが舞い込むこともよくあります。

ここで、少し冷静になって考えてみますと、エサが掛かる針で、本命も釣り上げることができる針、仕かけとは一体どんなモノなのでしょうか?

実際、小さい針、線径の細い針を使えばエサはよく掛かりますが、本命が掛ってもパワー不足のために針が折れる、もしくは伸びる、ラインが切れるなどで、釣り上げることができません(針同様でラインも細くすればするほど、エサの掛かりはよくなります)。

ベイト(エサ)を掛ける技術、そして本命を取り込む技術、針、仕かけのチョイスの判断が、この釣りの難しさであり、醍醐味でもあります。

ベイト(エサ)とはどんな魚?

①イワシ

身が柔らかく、ベイトの中での最高種です。中でもウルメイワシ、マイワシなどは、動きも鋭く、より最高です。カタクチイワシは弱るのが早いので、上記に比べて少し劣ります。

②アジ

こちらもオススメのベイトです。中でもマルアジ(青アジ)やムロアジは、中層でよく暴れる性質のアジなので最高です。逆にマアジは針に掛かった後、底付近でジッとすることが多いので、上記に比べて少し劣ります。

③そのほか

サバやイサギなどもベイトになることもあります。

タックルは? ラインは?

まず、私は絶対に電動リールをオススメします。なぜなら、ベイトを掛ける際に誘いの回数が手巻きに比べ、圧倒的に違うからです。

ロッドですが、落とし込み専用が間違いなく1番よいと思います。ベイトが掛かっても分かる穂先、本命が掛かった際に曲がり、トルクなどを考えても、専用竿は必須です。

きくりんのピックアップ製品

・ロッド:リーディングMG 73MH-225MT、64M-235
・リール:シーボーグ300J
・ライン:UVFメガセンサー12ブレイドEX+Si 3号
・仕かけ:快適落とし込み仕掛けSS LBG各種
・シンカー:快適船シンカーSN 50号(オモリの号数は船宿による)

より釣果を上げるには?

①ベイト反応があるレンジを正確に知る(カウンター付きリールの重要性)

船長からの指示ダナを守っていただければ問題ないのですが、魚探などがあればリアルタイムでの魚の反応が確認できて、新しいベイトを探せます。

②アタらない時はベイトを掛け直す

ベイトが掛かる状況が続くようであれば、狙いのタナに着いて1、2分を目安に、ヒットがなければ新しいベイトを掛けにいってください。

③ 船中におけるチームプレー

釣果を伸ばすためには、ベイトの掛かるタナの共有や、本命が掛かった際は、ほかのアングラーの仕かけを回収してあげることで、オマツリが軽減され、取り込み確率が上がります。

④とにかくベイトを大切に

サビキに掛かってからは、優しく狙いのタナまで送ってあげてください。またボトムに急に落とさず(オモリがボトムに着く反動でベイトが外れる、弱る)、そっと置いてあげるだけでも、大きく釣果がかわります。

⑤回遊している本命の魚を想定したタナで待つこと

マグロ系やカツオ、サワラなどは中層で掛かることが多く、逆にカンパチ、ヒラマサ、ブリ、ヒラメ、根魚などはボトムでのバイトが多いです(非常に活性の高い場合は、青物も浮いたタナで食います)。

⑥カンパチ、ヒラマサの場合

ラインを出すことはNG。掛かった瞬間にドラグはフルロックで、アングラー側に主導権を持たせ、強引にボトムから10m離すことができれば、取り込み確率が上がります。またマグロ系、カツオの場合は、ラインを出さないとブレイクを起こすことが多いため、瞬時にドラグ調整をする必要があります。

⑦ラインの選定、見極めの重要性

基本、太めの大きな針をオススメしますが、ベイトの掛かりが悪い場合は針を軽く、ラインを細くすると、より掛かります(サビキ仕かけのために、通常のラインの強度に比べ7割程度のパワーであると推測しておいてください)。

また、ハリス(エダス)の長さも重要です。短ければ短いほど、ベイトが掛かりますが、本命がきた際の取り込み確率は下がります。

秋が深まってくる頃ですが、まだまだ各エリアではベイトもよく付き、落とし込みが好シーズンです。

これらのポイントを参考に、今期の落とし込みを楽しんでみてください。

この記事の関連動画はこちら↓

ダイワ(DAIWA)

1958年の創業、リール、ロッド、ルアー、用品などあらゆる釣り物のフィッシングタックルを扱う総合ブランドとして、国内、海外に多くのファンを抱えている。ジャパンクオリティの品質の高いアイテムを日々開発、その過程で、世界初となるテクノロジーも数多く輩出している!
釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!