釣行後のタックル洗浄ってどうしてる? 便利そうなアイテムを発見したので試してみた!

寄稿:nomi

nomi(ノミ) プロフィール

釣場速報本紙でお馴染みの、釣りに対するさまざまな疑問を解決する実験的な試行も試しているマルチアングラー。OCTOPLASHERなど数々のバンドでギタリストとしギターを日々弾きマクリ。山豊テグスフィールドスタッフ、xestaフィールドスタッフ。

タックル洗浄にピッタリなアイテムを発見! 早速実験開始!

海釣りの釣行後は、すぐに海水を洗い流したいタイプのノミです。

以前、ノミラボで手動式のポンプを紹介したことがあるのだが、今回ホームセンターで「これは!」という商品を見かけたので、早速試してみることにした。

そもそも、なぜ水洗いをするかと言うと、タックルに付着した海水が乾燥し、サビや塩噛みなどの原因になるためだ。

以前に使用していたのは、「Pumping Wash」という商品である。

水をジェットからシャワーへと可変ができ、常に車に乗せて現場で水洗いをしていた。

ただ、多少の不満もあった。容量が5ℓと大きいため、少々かさばり、水を多く入れると重い。

さらに、ノズル部分が長く、釣りで使うには自分でカットして加工する必要があり、そして意外とホース部分が車に乗せていると邪魔であった。

そして今回購入した商品が、「CARWASH FORM CLEANER」である。これは、以前使っていた商品の上記不満をほぼ解消してくれた。

容量は2ℓ。ホース部分はなし、パッケージを開けると、噴射ノズルが2種類付いており、泡洗浄か水洗浄を使い分けるようだ。

もちろん釣りでは水洗浄一択で、1度付けてしまえば、付けかえることはない。

これで、車の中で収まりの悪かった状態を解消できた。容量もちょうどよいサイズ。

使い方は、以前使っていた商品と同じく、手動でポンピングを数回し、タンク内の水圧を上げて、ボタンを押して水を噴射するだけだ。

今回秀逸なのが、噴射ボタンをスライドさせると、ボタンを固定できる。

これで取っ手部分だけを持って、思う存分にタックルを洗ったり、ポンプを地面に置き、タックルを両手で洗うことができる。

水圧も上々で使い心地◎

問題の水圧なのだが、試しに車のホイールをジェットで洗浄してみたが、以前の商品と遜色ない。

正直、車などの汚れを取るには、少し水圧不足はあるが、タックルを洗浄するには十分であると言える。

そして、コンパクトになった分、少ない水量で持ち運べ、ポンピングする回数が減り、楽になった。

タックルを洗う際は、ノズルを回転させて、シャワー状態で使用する。その使い心地は、上々である。

今回のノミラボ実験結果は、「釣行後のタックルの手入れは現地で洗い流せ!」であった。

これぐらいのコンパクトさであれば、車に乗せておいても邪魔にならず、使い心地も今のところよい。

噴射ボタンを固定することにより、両手を洗うことも可能となり、何かと現場では役に立つ仕様だ。

これで、さらに現場での洗浄が楽に行え、タックルの汚れを気にせず、気持ちもタックルもリセットできる。遠征時などは特に役に立つ商品である。

価格も2000円程度と、リーズナブルなのでオススメである。

この実験で今日もギターが冴えるぜ!ギュイ〜ん♪ だれかがやらねば…。
(※実験結果は、私の主観で判断しているため、必ずしも皆が同じ感想を持つとは限りません。)

釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!