【驚愕のポテンシャル!! 三重・鳥羽沖のテンヤタチウオ】当たり年の今期は、船中全員がドラゴンをゲットする日も!!

船タチウオの好シーズン真っ盛り。大阪湾をはじめ、各地では好釣果が聞かれています。

そんな中、今期から本格的に始まった三重県鳥羽沖のテンヤタチウオでは、数はもちろん、大型の比率が驚異的。天ビンでは長い歴史のある同沖のタチウオ釣りですが、今期は近年にない“大型の当たり年”とのこと。タチウオファンにとって憧れのドラゴンが、高確率で手にできると言われる今期の鳥羽沖。その釣れっぷりを目の当たりにしてきました。

鳥羽沖のテンヤタチウオ

今シーズンから本格的に始まった、三重県鳥羽沖のテンヤタチウオ釣り。

現在、鳥羽エリアでは唯一のテンヤ専門船として出船しているKAIEIMARUに乗船すると、平日にも関わらず、この日は満船での出船となりました。

エンジンがスローになったのは伊勢湾口、神島沖の水深100m弱から70mラインまでの起伏のあるポイント。

魚探の反応を見て船を立て、「底から10m辺りを中心に探ってください」のアナウンスで釣り開始となりました。まずは底から誘う釣り人たち。すぐに電動リールの巻き上げ音が鳴り響きましたが、釣れたのは幅指3本級。

このサイズがバタバタっと上がりましたが、期待の大型は姿を見せません。

電動スロー巻きに船中ドラゴン第1号がヒット

そんな時、電動スロー巻きで狙っていたビギナーに、ドーンと竿を引き込む大きなアタリがきました。

途中、何度も巻き上げが止まる重量感と引き込みに、船長も大型を確信。

タモで取り込んだのは、幅指5本級の大型、狙いのドラゴンです。

浮いたタナは幅指3本級主体に入れ掛かり

この日の朝イチのアタリの芯は、底から20~30mほど上のタナ。ここを通せば、ほぼ毎投アタリがでます。

このタナを集中的に狙う人は、幅指3本級を主体に入れ掛かり。次々と抜き上げて、足元のバケツはタチウオで溢れかえっていました。

出た!! 幅指6本クラスのドラゴン

そして、日も上がった中盤戦、鳥羽沖のポテンシャルが垣間見えました。

左舷ヘ先で取り込まれたのは、超特大の幅指6本級。大きく開けた口に、握り拳が入りそうなスーパードラゴンです。

中盤から大型ラッシュに突入!!

ここからは船中で大型ラッシュ。次から次へと、幅指5本前後の大型が取り込まれます。

船長に聞けば「コレでもまだ、よい日には及ばない」そうで、今期最高はドラゴンをよい人ツ抜け、船中全員ドラゴンをゲット、という驚愕の釣果もあったそうです。

今期がテンヤでの初年度シーズンだけに、船長もまだ手探り状態ですが、「大型を狙うなら、いかに小型を避けるかがカギ。傾向を見ていると、誘いは小さくソフトに、あるいは大きくスローに上げ下げするのもよい」そうです。

この日はテンヤタチウオ歴が1年以内の人がほとんどでしたが、幅指6本級のスーパードラゴンを頭に、皆が大型をまじえて数釣りを堪能していました。

鳥羽沖のテンヤタチウオシーズンは、11月末までが目安。ドラゴンが高確率で釣れている鳥羽沖は、今が激アツですよ!!

KAIEIMARUの詳しい情報を見る
釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!