目指すはヒラメKING⁉ 今期も絶好調の三重・鳥羽沖のヒラメ攻略、4つの戦略とは?

連載:きくりんのFishingSchool

菊池 雄一(きくち ゆういち) プロフィール

「きくりん」の愛称で親しまれ、船タチウオテンヤ、落とし込み、ノマセ釣り、イカ(イカメタル・オモリグ)、タコなど、春夏秋冬の旬の釣りを楽しむ、マルチアングラー。ホームエリアは関西ながら、関東在住の環境を活かし、積極的に開拓中。ダイワスタッフ

11月からスタートした三重県鳥羽(国崎)沖のヒラメ釣りに、11月10日に行ってきました。

例年通りで非常にアタリも多く、今期も絶好調な状況でした。

実は…ヒラメ釣りが大好きで、タチウオ釣りよりも得意かもしれません(笑)。当日もヒラメ9尾とシオまでゲットでき、最高の1日になりました!

ヒラメ釣りは竿頭が続いているので、ヒラメKINGを目指して(笑)、精進したいと思います。

今回のお題

人気ターゲット、ヒラメ釣りの基本をマスターしよう!

当日は解禁直後のタイミング。解禁となれば、ポイントが温められている状況なので、ヒラメのカーニバル状態でした。

水中カメラでも撮影したのですが、1尾のイワシに対して複数のヒラメが狙っているような、個体数の多いポイントもありました。

ですが、海水温は依然高く、ヒラメ以外の魚(ガンゾウビラメやアオリイカ)の活性も高い状況でした(何のアタリが分からず、針掛かりしないことも多かった)ので、当日私はこのような戦略を立て、挑むようにしました。

大きくは、以下の4点です。

4つの戦略

① 生きエサ(イワシ)釣りは、何と言っても、エサの刺し方がキモ

鳥羽沖は、そう水深も深くないので、エサは上アゴ掛けが基本で、孫針は腹掛けか、フリーの2パターンを駆使しました。

この、上アゴ掛けは、イワシのセンターに針先を抜くことが重要(そうでないとエサが回ってしまい、よくない)で、ヒネリのない親針の使用がマストです。※水深が深い(70mを超える)場合は、イワシの弱りが早くなるので、鼻掛けをオススメします。

② 生きエサの扱い方がキモ

直接イワシを持つ際には、十分水に手を漬けた後に掴むようにしてください。

人間の体温で、イワシは触れるだけで火傷になり、弱りが非常に早くなります。

また、針を刺した後も、イワシの動きを確認しておくことも重要です。

③ 高活性時には孫針をフリーに

解禁直後は、例年アタリが多いことが予測されるので、高活性時には孫針をフリーにして、アシストがわりに使用することも多用しました。

イワシが弱りにくく、負担も少ないために、ストレスなく泳いでくれるので、ほかのアングラーの方よりも、多くのアタリを導き出せました。

④活性状況に応じて、待つレンジをかえる

高活性時ではボトム(底)を確実に切った状態で、ハリスを短くして、一気にくわえさせるアタリを1発目にださせるようにしていました。

一方、拾い釣りの展開になった際は、ロングハリスにしてボトム(底)を丁寧に探るように心掛けていました。

チョイスした仕かけ

以上の4つの戦略を実行するために、チョイスした仕かけが、こちらです。

ヒラメ仕かけにおいて、私が重要だと捉えているのが、「シンプル」、「トラブルレス」の2点です。

この仕かけは、まさに上記にハマるピッタリの仕かけになります。

親針はD-MAXヒラメライト(シングル・トリプルともに)で、エサが刺さりやすく、フッキング率を高めた「ヒネリなしストレート形状」がポイント。

軽さとフッキング率が高いチヌ針形状で、“チモト枕結び”で結束しています。

仕かけは、捨て糸50cm、ハリス80cmのど真ん中スペック。

かえ針は110cmのロング仕様で、かつ積極的に交換して頂けるように3セット入りのバリューな仕様になっています。

 

チモト枕結び

親針のチモトを枕結びにすることにより、針掛かりが向上。また、ハリスがタタキ部分に干渉しにくくなり、ハリス切れを軽減させます。

きくりんのピックアップ製品

・ロッド:リーディングMG 73MH-255MT
・リール:バサラIC 250P
・ライン:UVF PEデュラセンサーX8+Si²・2号
・リーダー:ディーフロン船ハリス・8号
・仕かけ:快適船ヒラメ仕掛けLBG快適船ヒラメ仕掛けLBG替え針(ハリス6、7号)

ダイワ(DAIWA)

1958年の創業、リール、ロッド、ルアー、用品などあらゆる釣り物のフィッシングタックルを扱う総合ブランドとして、国内、海外に多くのファンを抱えている。ジャパンクオリティの品質の高いアイテムを日々開発、その過程で、世界初となるテクノロジーも数多く輩出している!
釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!