【3万以下なのに初の性能を搭載】コスパが高い、”がまちぬ”シリーズ最新ロッド

新製品総力特集2023

チヌ釣りをしている人なら、知らない人はいないと言っても過言ではない、がまかつの”がまちぬ”シリーズ。

その”がまちぬ”シリーズから新たに登場したのが、「がまちぬいかだ 凪斬」です。

がまちぬいかだ 凪斬

一言で言うと、”細くて軽い軟らかい調子”のロッド。

標準自重100gを切る軽さ

かかり釣りは、持ち竿が基本。ずっと持っていても疲れない様に、標準自重はMで70~72g、MHで75~76g、最も硬い調子のHで82g。100gを切るという、驚愕の軽さを実現しています。

出典:がまかつ

 

ちなみに100gは、一般的なスマホよりも断然軽いです。

その軽さを実現できた理由のひとつが、ブランクス自体を細身化したこと。

これによって、繊細な穂先のコントロールが可能になりました。

ブランクスの細身化で繊細な操作が可能に

繊細なアタリが取れる感度と操作性

チヌは大型になるほど、アタリが繊細と言われます。

しかし、このロッドは、長時間釣りをする筏の上で、釣り人自体の感じ取られる力が持ち疲れによって減少するのを、抑えてくれています。

また、軟らかい調子ではありますが、パワーも十分に備えているため、チヌの引き込みに十分対応してくれます。

がまちぬいかだで初の性能も搭載

さらには、がまちぬいかだでは、初採用の高足シングルフックガイドを搭載。

これによって、ラインがブランクスへ張り付くのを押さえ、ラインの送り出しなどの操作性能が格段にアップしました。

コスパもグッド

がまちぬいかだで、初めての性能も採用しながら、希望本体価格は何と31,000~34,500円と、手が出しやすい価格。

竿を買い替えたい方も、サブロッドが欲しい方にもグッドな1本です。

ぜひ、手に取ってみてその軽さを感じてみてください。

 

スペック
タイプ 標準全長(m) 希望本体価格(税抜き) 標準自重(g) 仕舞寸法(cm) 継数(本) 錘負荷(号) 適正ハリス(号)
M 1.45 31,000円 70 104.0 2 0~2 0.8~2.5
M 1.55 31,500円 72 114.0 2 0~2 0.8~2.5
MH 1.55 32,000円 75 114.0 2 0~3 1~3
MH 1.65 32,500円 76 124.0 2 0~3 1~3
H 1.8 34,500円 82 130.0 2 0~3 1~3

 

がまかつ公式「がまちぬいかだ 凪斬」の詳細ページはこちら

がまかつ

高品質の代名詞として釣り人に愛されるブランド。1955年創業。大阪府大阪市に本社を置き、シンガポールに本店を置く。釣り竿、釣り針、ウェアなどをメインに製品を開発・製造・販売を行っている。
釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!