【ダイワがガシラ(カサゴ)仕かけ作っちゃいました!!】ケイムラ加工のハイアピール針で、根掛かり&バラシは軽減します

新製品総力特集2023

好奇心旺盛で、エサが目の前に落ちてくれば、パクッと食い付くイメージのガシラ(カサゴ)。

堤防などのショア、船からのオフショアを問わずに、ビギナーにも手軽に狙えるターゲットで、食べても美味と人気の魚種のひとつです。

そんなガシラをターゲットにした船用仕かけが、ダイワから発売されます。

快適船仕掛け 胴突 ガシラ・カサゴ

出典:ダイワ

先日の取材時、ダイワスタッフの“きくりん”こと、菊池雄一氏から「ガシラの仕かけ作っちゃいました!!」と差し出された仕かけが「快適船仕掛け 胴突 ガシラ・カサゴ」。

ロッドやリール、ウエアにクーラー、仕かけなど、あらゆるフィッシングシーンをカバーするアイテムを送り出しているダイワに、今までありそうで、なかった船用ガシラ仕かけです。

針にコダワリあり

この仕かけ、一見スタンダードな胴突き2本針仕かけですが、仕かけ作りにも精通する菊池氏が関わったアイテム。やはりコダワリが詰まっています。

それが針。

丸セイゴのネムリ針を使用しています。

ネムリ針の特長は、針先が内側に向いているので、根掛かりしにくいのがメリット。そして、一旦魚に針掛かりすれば外れにくく、バラシも軽減してくれます。

ガシラ釣りは底を釣るのが基本。根掛かりは付き物ですが、それが軽減すれば、仕かけのロストも防げて手返しがよくなり、さらにはお財布にも優しいと、イイこと尽くめですね。

ケイムラ加工でハイアピール

また、針にはもう1つ工夫が。

それはケイムラ加工された針を使用。動く物や目立つものに好反応を示すガシラには、ピッタリのハイアピール仕様となっています。

また、ラインには根ズレに強く、しなやかさとコシを備えたフロロカーボンのDフロン船ハリスを使用しているのもGOODです。

仕かけの全長は1.1mで、捌きもラクラク。ビギナーでも容易に扱えます。

また、底をメインに狙うガシラならではの、オモリから下針までの間隔7cm、そして、オモリを底から上げていても、底を付近を意識できるハリスの長さ30cmも絶妙ですね。

底付近を釣るガシラ釣りですが、胴突きの2本針仕様で、エダ間は50cmとダブルを狙える、ほどよい間隔となっています。

切り身や小魚など、エサの使い比べもしやすく、アピールも高まりますね。

サイズ(号) 入数 針サイズ(号) ハリス(号) 幹糸(号) 仕掛全長(m) メーカー希望本体価格(円)
10-2 2 10 2 4 1.1 400
11-2.5 11 2.5
12-3 12 3
13-3 13 3

仕かけは2セット入りなので、根掛かりなどで仕かけロスト時にも安心。お値段がリーズナブルなのも嬉しいポイントですね。

根掛かりしにくく、アピール力が高い、まさにガシラにドンピシャな、ダイワの専用仕かけ。

手軽に楽しめるガシラ釣りのお供にぜひ!!

ダイワ公式「快適船仕掛け 胴突 ガシラ・カサゴ」詳細ページはこちら

ダイワ(DAIWA)

1958年の創業、リール、ロッド、ルアー、用品などあらゆる釣り物のフィッシングタックルを扱う総合ブランドとして、国内、海外に多くのファンを抱えている。ジャパンクオリティの品質の高いアイテムを日々開発、その過程で、世界初となるテクノロジーも数多く輩出している!
釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!