「即掛けテンヤタチウオ」はロッド選択が鍵!富所潤&吉田昇平さんが実釣解説

今期、絶好調の大阪湾の船タチウオ。

今シーズンの傾向と対策を指南していただくべく、シマノインストラクターの富所潤さんと、タチウオ三銃士の1人・吉田昇平さんが神戸沖へ出撃したのが、10月下旬。

富所 潤(Jyun Tomidokoro) プロフィール

幼少期から投げ釣りなどにのめり込む。現在はアオリイカ、タチウオなどを含めたライトタックルゲームに没頭。整形外科医という一面をもつためイカ先生の愛称で親しまれている。シマノインストラクター

吉田 昇平(Shohei Yoshida) プロフィール

キャスティング、即掛けを得意とする大阪湾タチウオKINGバトル2018の優勝者。2017年にもセミファイナルトップ通過の実績も持つ凄腕アングラーでシマノフィールドテスター。愛称はヨッシー

例年、傾向がかわる船タチウオシーンですが、今年はリアクション系の釣りが強いとのことで、タックルセレクトも重要になってきます。

そんな中、2人が実践したのは、即掛けスタイル。

そして、共に使用したロッドが、「サーベルマスターXチューンテンヤ」の、9:1調子のモデルです。

ロッドがテンヤの動きを吸収せず、キビキビとしたアクションを出しやすい超先調子。

また、小さなアタリも逃さず積極的に掛けていける攻撃的なスタイルで、誘って掛けるというタチウオ釣りの醍醐味を存分に味わうことができます。

テンヤは、ワイヤーいらずでエサ付け簡単な「サーベルマスター船テンヤ・ゲキハヤ」。今シーズン、新色となる3色も追加され、カラーローテーションも可能に。

このゲキハヤのカラーや、セットするエサによって、いろんなチューニングをしていき、時間帯やタチウオの活性具合を見て攻めていく2人。

すると…これがドンピシャ!

朝イチのみに限らず納竿直前まで、終始タチウオのアタリを取っていき、良型を含む数釣りを楽しんだ2人。最後には吉田氏に幅指5本以上の大型もヒットしたのでした!

この模様を収めた、実釣動画を公開中!

船タチウオのマニアさんはもちろん、これからテンヤ釣りを始めてみたいなと思っているビギナーさんも必見!

ぜひ、チェックしてくださいね!

関連記事もチェック!

即掛けテンヤタチウオゲームの主戦力!サーベルマスターXチューンテンヤ

「サーベルマスター船テンヤ・ゲキハヤ」のニューカラーとクリップチューン!

「巻掛(まきがけ)」をご存知ですか?イカ先生こと富所潤氏が推奨する、船タチウオのベストスタイル

釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!