【大剣狙う?たくさん釣りたい?】旬のケンサキイカを欲張りに楽しむ、ヒロセマン式イカメタル&オモリグゲーム

船イカ釣り特集

イカメタルゲームシーズン、真っただ中!

イカ釣りのメッカ、山陰から北陸にかけての日本海エリアは、2021年は当たり年といえるほど、連日連夜の好釣果が上がっています。

 

どこで釣れている?つりそくの釣果速報もぜひチェック!

最新釣果情報

イカメタルを始めてみたい!という人にとって好機会なのは間違いなく、このタイミングを逃さずにぜひともチャレンジしてほしいと思います。

という訳で、今回は、イカメタルゲームの基本と、さらに楽しむコツを、メジャークラフトのヒロセマンこと、広瀬達樹さんにお聞きしたので、ご紹介します!

広瀬達樹(ひろせたつき) プロフィール

ショア、オフショア、ソルト、フレッシュ問わず、様々な釣りに精通するご存じヒロセマンこと様々な媒体で活躍する、メジャークラフトの顔とも言えるアングラー。初心者にも分かりやすい解説は釣りの理解度が一層深まるので、一聴の価値ありだ。

 

What’s イカメタルゲーム

ナマリタイプのスッテ「ビッグアイ メタル」

 

イカメタルゲームとは、イカメタルと呼ばれるナマリタイプのスッテに、ドロッパーと呼ばれるエギをセットした仕かけを使用して、船からケンサキイカやスルメイカを狙う釣りのこと。

夕方から出船し、日が沈めば集魚灯を点灯させて、イカのベイトとなる小魚を集めて釣るのが基本です。

日中の時間帯でも釣れます。胴長40cm級の大剣と呼ばれるサイズを、イカメタルでキャッチした広瀬さん。ヒットルアーはビッグアイスッテ

集魚灯が灯ると、本番の時間。まるで昼間のように船内は明るくなる

まだ日が明るい時間帯には、イカはボトム付近を回遊しているケースが多いので、ボトム付近を集中して狙い、日が落ちて集魚灯が効いてくると、徐々にタナも上がってくるので、イカのいるタナを探りながら攻めていきます。

アクション方法は簡単で、2,3回シェイクして、ティップをピタっと止めてポーズさせるだけ。このポーズ時に、テンションが抜けるようなアタリが出るので、違和感を感じたら即フッキング!

シェイク以外にも、竿1本分仕かけを上げてゆっくり下げていく誘い下げも有効。いろんな誘いを試して、アタリのパターンを探るのが、イカメタルゲームの醍醐味でもあります。

オモリグってよく聞くけど、イカメタルとどう違うの?

一般的にイカメタルといえば、前述した釣りなんですが、近年ブームとなっているのがオモリグ。

イカメタルゲームと総称されて、オモリグとはなんぞや?ということですが、前述のイカメタルとは仕かけが異なります。

オモリグとは、スッテではなく、シンカーとエギをセットした仕かけを使い、エギングのように誘ってアタリを待つ釣り。

リーダー上部にシンカーをセットして、一番下になる部分にエギをセット。そのシンカーとエギのリーダーが1.5mと長いのが特徴で、シャクってフォールさせている間、エギが水中を漂ってイカを誘うイメージです。

オモリグ専用シンカー「ビッグアイ オモリグシンカー」は15号から40号まで6サイズのラインナップ。カラーは3色

アクション方法は、基本的にはイカメタルと同様。シェイクというよりも短いストロークで2,3回シャクリを入れて、ポーズ。アタリがなければタナを変えて、同じ感じで狙ってくださいね。

 

イカメタルとオモリグの狙い分け

このイカメタルとオモリグの両パターンは、反応のよい時間帯や、目的によって使い分けるのがベスト。

 

では、具体的にどうすればよいか。

まずはオモリグから。

オモリグは日中&サイズ狙いに最適

イカメタルは2つのスッテがあるのに対し、オモリグにはエギが1つです。

そうなると、タナが把握できていない時に、オモリグでは効率が悪いですよね。

なので、ボトム付近を狙うのがセオリーの日中の時間帯はオモリグが活躍します。

できるだけ広範囲を探りたいので、キャストしやすいよう、タックルも基本的にはスピニングを使用します。

オモリグ専用ロッド「ソルパラSPXJ-S702XH/OMORIG」

また、オモリグのシンカーは、イカメタルのスッテよりも重い号数を扱えるので、潮が速い状況にも対応。

エギは2.5号といった、イカメタルのドロッパーより大きいサイズのエギをセットするので、大型が狙いやすいですし、実際よく釣れるということで、人気があります。

狙うタナが分かっていてれば、オモリグが有利であることと、サイズを狙って釣りたい人にもオススメの釣りです。

イカメタルはいち早くパターンを掴める

イカメタルの使用ルアー。上が「ビッグアイ スッテ」、下が「ビッグアイ メタル」。このようにカラーを変えることで、ヒットパターンが見つけやすくなります

イカメタルにはスッテが2つあるということは、それだけタナを探ることができて、なおかつ、ヒットカラーを探ることもできます。

夜の時間帯になって、イカのタナがボトム付近から浮き出してくると、まずはそのイカのいるタナの把握が大切になります。

どの水深でアタリがあるのか、そして当たりカラーは何色か。それをいち早く知るには、イカメタルが断然有利。

釣れたら、隣の人とタナを共有することも大切!

さらに数を釣りたいという人には

また、数をもっと狙いたい!という人にオススメなのが、ドロッパーを2つセットできる仕かけを使用すること。

ダブルや、トリプルヒットも夢ではありません!

数釣りを楽しみたい時や、ヒットカラーを把握したい時などにぜひ!

※ドロッパーのWセットの使用の可否は、利用する船宿さんに確認が必要です

イカメタルのみで楽しむもよし、オモリグにこだわってみるもよし。

でもでも、どちらかを選ぶ必要はありません。欲張りに両方とも楽しんでみるのが得策です!

時間帯や状況に応じて狙い分けると、さらに面白いのがこの釣りの魅力です。

メジャークラフトには各専用ロッドと、仕かけやアイテム一式が揃っているので、迷うこともありません。

ぜひ、ヒロセマン式のイカメタル&オモリグゲームにハマってみてはいかがでしょうか!

記事で詳しくご紹介!

【オモリグロッド最前線】初心者も上級者も大満足! メジャークラフトの最新オススメロッドを紹介しちゃいます!

【メジャークラフトのイカメタル関連アイテムがフルリニューアル!】気になる「ビッグアイ」シリーズのイカメタル用4アイテム+弾丸TGスッテを一挙にご紹介!

【これ一式でオモリグが楽しめる】メジャークラフトの「ビッグアイ」シリーズにオモリグ専用エギ&シンカー、仕かけが登場

関連動画

メジャークラフト プロフィール

2002年2月設立のフィッシングメーカー! ルアーで狙えるあらゆる魚種ごとのロッドを開発! 低価格&高品質な高いコストパフォーマンスで人気。 数年前からはロッドだけでなく、ライン、ルアーなども手掛けている。
釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!