【堤防で釣れる6月のサカナ】これからは堤防が大盛り上がり! サビキで小魚狙いが面白い!

暖かくなると、堤防でさまざまなサカナが釣れるようになります。

ビギナーに人気のサビキ釣りも、この時期は釣り物が多く、子供でも気軽に楽しめます。

サビキの釣り方はこちら

【堤防のエサ釣り基礎講座】誰でも簡単に楽しめる「サビキ釣り」&「投げサビキ」のキホン

 

なぜ、6月のサビキ釣りが大盛り上がりかと言うと、”小魚の数釣りが楽しめる”から。

具体的に、どのようなサカナが狙えるかと言うと、

・豆アジ

・イワシ類

・小サバ

など。

釣り人でなくても、1度は聞いたことがある、大衆魚です。

サイズは小さいですが、群れが回ってくれば、たくさん釣りことができ、初めての方でも好釣果に期待できます。

豆アジは素揚げにすると、とっても美味しいですよ。

サビキ釣りで小魚を釣って満足! もっと違う魚を釣りたいと考えている方には、”ノマセ釣り”がオススメ。

釣れた小魚をエサにするノマセ釣りは、ハマチやヒラメなど、大物を狙うことができる、興奮間違いナシの釣りです。

ヒラメ

すでに、筆者の耳には、豆アジ、イワシが釣れたという情報が入ってきています。

まだ、堤防釣りに行っていない方は、次の休日に家族や友達と、楽しんできてくださいね。

釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!