【堤防のエサ釣り基礎講座】誰でも簡単に楽しめる「サビキ釣り」&「投げサビキ」のキホン

堤防釣りはじめよう!特集

堤防釣りの王道「サビキ」釣り

海釣りの中でも、特に入門しやすいのが堤防釣り。

堤防は足場が安定していて、安全面にも優れ、ファミリーでの釣行にも最適。

「堤防釣り」と、ひと口に言っても、使う仕かけはさまざま。

今回ご紹介するのは、釣果が期待しやすく堤防釣りの王道と言える「サビキ釣り」。

サビキ釣りは針にエサを付ける必要がなく、仕かけがセットできれば誰でも楽しむことができます。

撮影に協力してくれた森澤爽夏さん(左)と東亜美さん(右)

サビキ釣りがイメージしやすい動画は以下をチェック!

ターゲットはアジ、サバ、イワシなどポピュラーな魚

主なターゲットはアジ、サバ、イワシ。いわゆる小型の回遊魚となります。

家庭でもなじみ深い魚が多く、サイズも小~中型がメイン。小型と言っても、サビキ釣りは針数が多いので、回遊している群れに当たると1度にズラズラと数多く掛かることがあり、そうなると結構興奮したり(笑)。

アジ、イワシ(ウルメイワシやカタクチイワシ、マイワシ)、サバといった回遊する魚が狙えるサビキ釣り。サイズは10cmほどの小型から、時に20cmを超えるものまで

誰もが知っている魚が多く、エントリーしやすい釣りと言えます。

タックル

サビキ釣りに使うタックルと仕かけの全体像が以下の図。

タックルと仕かけ全体図

竿:投げ竿、磯竿、万能竿、ルアーロッドなど3~5m
リール:小型、中型スピニングリール2000~3000番
道糸:ナイロン2~3号など

竿とリール

サビキ釣りに使用する竿は、専用竿があれば1番よいですが、最初はこだわらなくてもOK。

投げ竿や、磯竿(2号程度)、コンパクトロッド、ルアーロッドなど、さまざまな竿で楽しめます。「万能竿」として釣具店に並ぶ竿も数多くあり、それでも十分。

また、竿とリール(道糸付き)がセットでかなり安く販売されているものもあり、まずはそれから始めても問題ありません。

どちらかと言えば、最初は「竿の長さ」に目を向けた方がよく、あまり長い竿だと操作するのが大変だったり。

入門であれば、2~3m程度の竿から始めることをオススメします。

リールは小、中型のスピニングリールがオススメ。番手で言えば、2000~3000番といったところ。

リールに巻くラインも、入門であれば特にこだわる必要はなく、ナイロン糸が最初から巻かれた安価なリールでもOKです。

サビキ仕かけとは?

サビキ釣りでは、「針にエサを付けない」手軽さが魅力のひとつだと冒頭に述べました。

と言うのもサビキ仕かけは、針そのものがエサを模したもの(擬似針)になっているからです。

1本1本の針は非常に小さいサビキ仕かけ。撒きエサとなるアミエビをイミテートし、エサと勘違いした魚が針に食ってくる

釣り方は後述しますが、竿を上下させてカゴに詰まった撒きエサ(アミエビ)を放出し、そこに魚が集まる。

そして、その撒かれたアミエビの中にサビキの擬餌針が同調することで、魚がエサと勘違いして食ってくるという流れです。

主に魚の皮などを使ったものが多いサビキ仕かけ。さまざまな種類を試してみるのも楽しみのひとつ

仕かけの種類

仕かけはウキの付いた投げサビキ(左)とサビキ仕かけ(右)のふたつ

また、通常のサビキ仕かけのほかに、「飛ばしウキ」を付けて軽く投げることで、少し沖を狙う「投げサビキ」もあります。

初心者は、まずは通常のサビキ仕かけから始め、慣れてきたら投げサビキにもチャレンジしてはいかがでしょうか。

仕かけの付け方

仕かけの付け方を説明します。

仕かけ上部のスナップから取り外す

各種サビキ仕かけのパッケージは、「竿側」と「下側」といった表記や「ここから取り外す」などの表記がされているものが大半です。

そして、「ここから取り外す」などの表記がある側、つまり仕かけの上側には、スナップが付いています(上記写真の青マル部分)。このスナップに道糸を接続します。

道糸と仕かけ上部のスナップを接続

そのために、道糸の先端を「チチワ結び」にして輪を作っておくと簡単にスナップの取り付けが可能。仕かけの交換も楽チンに!

糸をスナップに接続したら、仕かけをシートから取り外します。

道糸の先端をチチワ結びに

あとは仕かけ上側のスナップを取り付けるだけ

仕かけ最下部とカゴを接続

仕かけ上部をパッケージから引っ張ると、上手に仕かけを取り外せます。

仕かけの1番下にもスナップがあり、こちらはアミエビを入れるカゴ側に接続します。

これで、サビキ仕かけは完成です。

撒きエサをカゴに入れよう

前述の通り、針に付けるエサは使用しませんが、回遊する魚の群れを足止めするための「撒きエサ」は使用します。

撒きエサは、マキエとかコマセなんて呼ばれたりします。

その撒きエサに使用するのはアミエビ。

エサのアミエビは冷凍されているものや、手を汚さずに済むチューブ式のものもあります。

冷凍のアミエビはバケツに海水を入れて、解凍しておく(写真左)。解凍などの手間も不要で、直接カゴに入れやすいチューブタイプのアミエビ(写真右)もある

冷凍アミエビは解凍を

冷凍アミエビの場合は、吸い込みバケツに入れて海水などで解凍しておくと使いやすいです。

オススメ!便利なチューブタイプ

マルキユーのアミ姫キララ

チューブタイプのエサは粘度なども調整されているので、開封してすぐ使え、手も汚れないので便利ですよ!

チューブタイプのエサは手も汚れないので便利

釣り方の基本

釣り方の基本は、まずは足元に仕かけを落として、狙うタナまで落とせばそこで大きく竿を煽ってマキエを出します

その後は、マキエを出した所に仕かけを同調させるイメージで、アタリを待ちます。

何回か繰り返してアタリがでなかったり、マキエカゴのエサがなくなれば仕かけを回収して、何度も同じポイントを探り、魚を寄せるようにします。

慣れてきたら投げサビキにもチャレンジ!

投げサビキの場合は、竿下のサビキ仕かけの接続に加えて、はじめに道糸にウキを付ける必要があります。

ちなみにウキを付けるパーツはこんな感じ。

ウキのセット例

仕かけによっても、ウキのセットの仕方に細かな差異はありますが、写真のウキを例に説明します。

ウキをセットする時はまず、針金部分に道糸を通します。

この時、30cmほど通しておくとよいですよ。

針金はこの黄色の取っ手に繋がっている

この黄色の部分の取っ手を引っ張ると、道糸側にウキ止めゴム~ウキ止めが移動するので、そのまま引き抜けば、ウキのセットは完了です。

その後は竿下を狙うサビキ仕かけと同様の手順となります。

投げサビキのワンポイント

通常のサビキ釣りと比較し、投げサビキのメリットは沖へ投げることで、より広範囲に魚を誘える点。

投げる時は、周囲に人がいないのをよく確認してから後ろに振りかぶり、前方45度ぐらいの位置に竿がきたらラインを離すとうまく投げることができます。

また、タナを変える時は、ウキ止めをリール側にズラすとより深く、仕かけ側にズラすと浅くなるように、タナを変更できます。

水深にもよりますが、まずは1ヒロ(約1.5m)ほどにしておくとよいでしょう。

繰り返しになりますが、くれぐれも投げる時は周りに人がいないかをチェックしましょう。

釣りが終わったら

サビキ釣りはアミエビが堤防に付いてしまうことも多いので、終わった後は必ず、水汲みバケツなどで、堤防に残ったアミエビをキレイに流してから帰りましょう。

キレイな釣り場を維持することは、釣りができるエリアを減らさないためにも必要なことですよ。

それではマナーを守って釣りを楽しんでくださいね!

【堤防のエサ釣り基礎講座】ライトなタックルで楽しむ「チョイ投げ」のキホン

【堤防のエサ釣り基礎講座】ショートタックルでダイレクトな引きが面白い「胴突き」&「穴釣り」のキホン

釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!