【堤防のエサ釣り基礎講座】ライトなタックルで楽しむ「チョイ投げ」のキホン

堤防釣りはじめよう!特集

一般的な投げ釣りよりも、仕かけがライトで短いロッドで楽しむ「チョイ投げ」。

仕かけの針数も本格的な投げ釣りよりも少なく、全長も短いので、仕かけも捌きやすくなっています。

狙える魚種はカレイ、キスなどがターゲットです。

ここでは、チョイ投げの基本的なタックルや釣り方などを紹介したいと思います。

今回撮影に協力してくれた東(あずま)さん(左)、川井さん(右)

チョイ投げ釣りのイメージ動画もチェックしてみてください!

対象魚はカレイ、キスなどをメインにバラエティーに富む

主な対象魚はカレイやキス、ポイントによってはハゼやカワハギなどが挙げられます。

カレイ

キス

ハゼ

カワハギ

タックルと仕かけ

まずはタックルと仕かけ。チョイ投げに使う全体像が以下の図。

タックルと仕かけ全体図

竿:投げ竿、ルアーロッドなど2~2.5m前後(オモリ負荷5~15号)
リール:小型スピニングリール
ライン:2~3号前後

竿とリール

本格的な投げ竿よりもロッドは短く、コンパクトロッドか、長くても2.5m前後までのロッドがオススメ。

リールは2500~3000番の小型のスピニングリールがオススメです。

投げやすいようにラインは細いものがオススメ。

フロロカーボンなら2~3号前後が扱いやすいと思います。

PEラインを使用する際は、0.6~1号など細い道糸を使用し、リーダーにフロロの2~3号を使用するとよいですよ。

PEとリーダーの結び方も色々ありますが、はじめは簡単な電車結びでOK。

以下は電車結びのイメージ。

オレンジっぽいラインをPE、緑っぽい方をフロロリーダーとしてイメージしてみてください。

片方でループを作って、2本のラインごとグルグル4~5回ほど巻き付けます。

巻き付けた端をしっかり締め込む。

もう片方のラインも同様に巻きつけていきます。

こちらもしっかり締め込む。

あとは両方のラインをゆっくりと引っ張り、結び目がくっ付いたら、余った端線をカット。

シーガー公式 電車結びの結び方ページはコチラ

道糸に「天ビン」を接続

道糸(フロロカーボンやPE+フロロリーダー)の先に天ビンを、その天ビンの先に仕かけを接続するのが、チョイ投げ釣り。

天ビンにもいくつか種類がありますが、メジャーなものはL型天ビンや投げ釣り用の天ビン。

投げ釣り用天ビンはリールを巻いた時に仕かけが浮き上がりやすいので、根が荒いポイントでは投げ釣り用天ビンがオススメです。

L型天ビン

投げ釣り用天ビン

道糸を天ビンに接続する時も、結び方は色々ありますが、ユニノットなどを覚えておけばよいと思います。

ユニノットのイメージは以下。

シーガー公式 ユニノットの結び方詳細ページはこちら

仕かけは魚種ごとに合わせてセレクト

仕かけは市販の仕かけでOKですが、チョイ投げは魚種ごとに仕かけを変えるのが基本。キス狙いの仕かけやカレイ狙いの仕かけなど、狙いたい魚種に対応する仕かけを複数用意しておくとよいですね。

エサについて

エサは青イソメや石ゴカイなどの虫エサが一般的。

虫エサが触れないと言う人には、マルキユーのパワーイソメなどの人工エサも発売されているので、そちらもオススメです。

エサの付け方

エサの付け方は、通し刺し、チョン掛けなどが一般的。

①通し刺し

まずは虫エサの頭から針を刺します。

そのまま針を刺していき、エサの頭が針のカーブの所ぐらいまできたら針先を抜いて完成です。

エサの頭は硬いので、刺し辛ければ頭をカットすると付けやすいですよ。

通し刺しはエサの中を針を通すので、針から外れる可能性が少ないのが特長です。

②チョン掛け

チョン掛けはエサの頭付近に針を通して、文字通りチョンと掛けるだけ。

まずは頭の少し下から針を通します。

そのまま反対側に針を抜いて完成です。

針を通す面積が少ないのでエサが弱りにくく、しっかりと動いてくれるので、エサの動きでアピールしたい時にはオススメです。

ほかにも縫い刺し、房掛けなどがありますが、まずはこの2つをマスターすればよいですよ。

エサのサイズは、狙う魚種(カレイなら1匹付けがオススメ、キス釣りの場合は活性に応じて半分程度や短くカットしたり、1匹掛けなど)によって使い分けると◎。

エサが滑って上手に付けられない時は

青イソメや石ゴカイの虫エサを付ける時に、指でつまんでもヌルヌルしていて滑ってしまう時があります。そんな時に、あると便利なのが石粉。石粉を付けるとエサが滑らなくなるので、エサ付けが格段にやりやすくなります。

しかし、青イソメ、石ゴカイといった虫エサの多くは、石粉に付けたままにすると窒息してしまい、弱ってしまいます。

なので、石粉に付けるのは1匹ずつで、エサを針に付ける直前に付けた方がいいですよ。

釣り方

チョイ投げの名の通り、まずは投げないと始まりません。

投げる時には周りに人がいないかなど、周囲を確認してから投げるようにしましょう。

仕かけを投げる時は、1mほど竿先からラインを出しておくと、投げる時に飛距離を出しやすい。

後ろに振りかぶり、竿を振って、前方45度くらいで、指を離すとよいです。

ある程度コントロールが付いてきたら、潮の流れが変わっているポイントなどを攻めると好釣果に恵まれることも。

誘い

誘いは主に2パターン、置き竿と、底の引き釣りです。

①置き竿

読んで字のごとく、置き竿でアタリを待ちます。キャストして着底したら、糸フケを取ってアタリを待ちます。

しばらく待ってアタリがなければ、少しリールを巻いて仕かけを少し手前へと移動させて、再度待ちます。

これを何度か繰り返してアタリがないようであれば、回収して再びキャストして待ちましょう。

カレイなどを狙う時は、こちらの置き竿で待つのがメイン。慣れてきて、周囲にスペースがあるなら複数の竿を出して置き竿にするのも有効です。

狙うポイントは釣り場によりさまざまですが、底に起伏がある所(仕かけをゆっくりと動かそうとすると少し抵抗を感じる所)や、かけ上がり、航路筋、波止際に入っている基礎石の少し先など、何らかの変化のある所を意識して狙うと、ヒット率もアップします。

また、カレイはアタってすぐに食い逃げする魚ではないので、しっかり食い込むのを待ってからアワセを入れましょう。

②引き釣り

引き釣りの場合は底を取り、ゆっくりと竿を動かして仕かけを手前に寄せたり、スローに巻いてくるだけ。

竿で仕かけを手前に寄せる場合は、竿をゆっくりと横や上へ引いていき、糸フケが出た分だけをリールで巻き取るのを繰り返します。

リールでスローに巻く時は、1秒1回転ぐらいのスピードで始めてみて、アタリがないようならさらに遅く、エサが取られたり、メゴチなどが釣れるようなら少し早めに巻いて、広範囲にポイントを探ります。

この誘い方は、キス狙いなどで主に使われます。

キスは海中で砂埃が舞ったりすると、そこに興味を持ち、寄ってくるので、底を引いてくることが誘いになるんですね。

アタリがあれば、1尾ずつ取り込むのもよいですが、仕かけの針は2、3本付いているので、そのまましばらく誘い続けて追い食いを狙うのもありです。掛かりが悪い時は聞き合わせてみたり、少し仕かけを送り込んでみるのもOKですよ。

以上がチョイ投げ釣りの基本です。

釣行の際は参考にしてみてください。

【堤防のエサ釣り基礎講座】誰でも簡単に楽しめる「サビキ釣り」&「投げサビキ」のキホン

【堤防のエサ釣り基礎講座】ショートタックルでダイレクトな引きが面白い「胴突き」&「穴釣り」のキホン

釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!