【堤防のエサ釣り基礎講座】ショートタックルでダイレクトな引きが面白い「胴突き」&「穴釣り」のキホン

堤防釣りはじめよう!特集

主にメバルやガシラ(カサゴ)などの根魚を狙うのに向いているのが「胴突き」や「穴釣り」。

ショートタックルで狙えて、魚の引きをダイレクトに味わえる面白い釣りです。

メバルやガシラがメインターゲットですが、ほかにもアジ、カワハギなども狙え、中には高級魚のアコウ(キジハタ)なども釣れちゃうかも。

そんな胴突き、穴釣りの基本的なタックルや、釣り方、エサ付けなどを紹介していきたいと思います。

撮影に協力してくれた川井さんと森澤さん

胴突き&穴釣りのイメージ動画もご覧ください!

対象魚は根魚(ロックフィッシュ)がメイン

主なターゲットは以下の魚種などが挙げられます。

ガシラ

メバル

アコウ

食べて美味しい魚が多いので、ぜひチャレンジしてみてください。

まずは胴突き仕かけから

まずは胴突き仕かけの道具立てや釣り方、エサなどについて解説します。

胴突きのタックル

胴突きの釣りは基本的には波止際を狙う釣りなので、短いロッドの方が取り回しがよいです。

リールは、両軸リールか小型のスピニングリール。ナイロンやフロロの2~3号が50mも巻ければ大丈夫です。

仕かけは、対象魚種に合わせた市販の仕かけでOK。

オモリは水深や潮の速さにもよりますが、4~6号ぐらいをメインに使用しますよ。

ジャッカルのegg arm(エッグアーム)などはスピニング、ベイト兼用なので1本持っておくと、どちらのリールも対応できる

出典:ダイワ

リールはラインヨレなどが少なく、着底も分かりやすいベイトリールが適しています。

仕かけ

胴突き仕かけ

胴突き仕かけは、2本針や3本針の仕かけが一般的。対象魚種はメバル、ガシラ、カワハギなどです。

メバルとガシラなどは同一の仕かけで狙えますが、カワハギはエサ取りが上手な魚なので、カワハギを狙うなら専用の仕かけがオススメです。釣行先で何が釣れているかを確認して、仕かけを選ぶとよいですよ。

仕かけの接続方法ですが、胴突き仕かけは一般的にサルカン~針~オモリを付けるスナップという構成になっているので、リールからのラインを仕かけのサルカンにユニノットなどで接続して、下のスナップにオモリを接続すると完成です。

※ユニノットの結び方はこちら

胴突きのエサはオキアミ、虫エサが一般的

エサはオキアミ、虫エサなどが一般的。

オキアミ

オキアミは見た目はエビのようですが、実はプランクトンの仲間。

釣りエサとしては万能で、船釣り、投げ釣り、磯釣りなど、あらゆるジャンルで活躍します。

付け方

まずは、オキアミの尾バネ(尻尾)をカットします。

この時、尾バネをカットするのは、水中でエサがくるくる回ってしまわないようにするためです。エサが回転すると、ハリスがヨレたり、絡んだりして魚が食いにくくなるので気を付けたいですね。

オキアミの尻尾側から刺します。

針を刺していき、オキアミが真っすぐになるように針先を腹側へ抜きます。

この時、コツは針を動かすのではなく、オキアミを動かすとエサ付けがしやすいですよ。

また、針を隠すように付ける刺し方もあります。

オキアミの付け方はさまざま、尾バネだけでなく、頭を取るパターンも

胴突き仕かけの場合は、針が2本針、3本針のことが多いので、全ての針にエサを付けましょう。

胴突きの釣り方

胴突き仕かけで狙うポイントは、波止際や竿下。2本針や3本針の仕かけを使うので、堤防に海藻などが生えている場合は引っ掛からないように少し前方を狙うとイイですよ。

誘いは、少し底を切って2、3度竿でゆっくりと上下に誘いを掛けます。そして、少し動きを止めて竿先にでるアタリを待ちます。これを数回繰り返してアタリがなければ、タナを変えてみたり、狙うポイントを少しズラして釣るとよいでしょう。

狙うタナですが、ガシラは基本的に底で釣れる魚です。

メバルについては根魚ですが、底から少し浮いていることもあるので、底でアタリがない場合は少し上のタナを狙うと釣れることもあります。

なので、いろいろなポイントを探ってみることが釣果アップのキモですよ。

また、胴突き仕かけの場合は、針が2、3本針の場合が多いので、エサを針の上下で使い分けして、どちらのエサに反応するのか確認するのもアリですね。

次は穴釣り

タックル

穴釣りは堤防の際や、堤防の隙間の穴などに落とし込む釣りなので、ロッド操作がしやすいショートロッドがオススメです。

また、根に擦れるとPEラインは切れやすくなってしまうので、ラインはナイロンかフロロの2~3号前後がベターです。

仕かけ

穴釣りの仕かけは、ブラクリと呼ばれる針とオモリが一体になった仕かけが一般的。

根掛かりしにくい形状で、狭い穴に潜む根魚を狙い撃ちにできるこういった仕かけがオススメです。

使い方は簡単で、ブラクリ仕かけの丸く囲んだラインの部分に道糸を結ぶだけ。

結び方はユニノットなどでOKです。

代表的なエサは切り身エサ

穴釣りの代表的なエサは切り身エサ。サバやサンマなど脂や臭いの強いものが好まれます。自作しなくても、釣具店でも販売していますよ。

塩で締められていたり、アミノ酸が添加されていたり、さまざまな加工がされています。

大振りなものは、狙う魚のサイズなどに合わせてカットするといいですよ。

付け方

魚の切り身エサの付け方は、まず皮側から針を刺して、身側に貫通させます。

基本的には、このチョン掛けでOKです。

チョン掛けではエサが外れてしまうという場合は、皮側から身側に刺した針先を反転させて、皮側に抜く刺し方がオススメです。

チョン掛けの状態から針を反転させます。

その後は再び皮側に抜けばOKです。

穴釣りの釣り方

穴釣りは、基本的に波止の際やスリット、消波ブロックの隙間などに落とし込んでいく釣りです。

誘いは、トントンとオモリで底を2、3回ゆっくりと叩くような感じで誘いをかけるとgoodです。

魚がいない所で誘っても魚は釣れないので、アタリがない時は手返しよくポイントを変えることも大切ですよ。

以上が「穴釣り」&「胴突き」の釣り方です。

釣行の参考にしてみてくださいね。

【堤防のエサ釣り基礎講座】誰でも簡単に楽しめる「サビキ釣り」&「投げサビキ」のキホン

【堤防のエサ釣り基礎講座】ライトなタックルで楽しむ「チョイ投げ」のキホン

釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!