【2023年ついに!いよいよ!】HAYASHI「IZANAI stick」にオモリグモデルが追加されるとの情報を入手!

新製品総力特集2023

2023年林釣漁具制作所の新製品情報!

林釣漁具製作所 プロフィール

高知県高知市に拠点を置く創立1946年の老舗漁具メーカー。漁の実績に裏付けされた長年のノウハウを駆使し、ライトゲーム中心の「Tict」、エギングでは「餌木猿」、ソルトゲームの楽しさを追求する「HAYASHI」の3つのブランドを構える。各ジャンルでこだわりの詰まった製品をプロデュースしている。

HAYASHIブランドのコスパ◎なイカメタルロッドシリーズ、「IZANAI Stick」に待望のオモリグモデルが2機種追加されるとのこと!

オールラウンドに使えるモデルと、メガジャンボサイズのケンサキイカを狙ったモデルが登場するそうなので、今回は2機種まとめて紹介。

IZANAI stick(イザナイスティック)ISO63-30号[ジャンボ]

こだわりのカーボンソリッドティップで、繊細なイカのアタリも逃さずアワセが決まる。シーズン序盤のジャンボケンサキや、数釣りが楽しめるシーズン中盤~終盤にかけて時期を選ばず扱いやすいオールラウンドモデル。

Model Tip type Length

ft.(cm)

Sec.
(Close)
Weight

(g)

Line

(PE・号)

メーカー希望小売価格(税込)
ISO63
30号
カーボンソリッド 6’3″/(192) 2pc(98) 82 10~30号
37~113g
0.4~

1号

35,200円

IZANAI stick(イザナイスティック)ISO63-40号[メガジャンボ]

潮の流れが日によって速かったり、深場のイカを狙ったりと一癖あるフィールドでは40号まで扱うことができれば何かと安心。バットがしっかりしているため、枝の長いオモリグ仕かけもキビキビとアクションさせることができ、深場に潜んでいるメガジャンボサイズのケンサキイカを手中に収めます。

Model Tip type Length

ft.(cm)

Sec.
(Close)
Weight

(g)

Line

(PE・号)

メーカー希望小売価格(税込)
ISO63
40号
カーボンソリッド 6’3″/(192) 2pc(98) 85 10~40号
37~150g
0.4~

1号

35,200円

2機種どちらもHAYASHIフィールドテスターの氏家隆さんが監修

今回登場する2機種は、HAYASHIフィールドテスターの氏家隆氏が監修したロッドとのこと。

氏家 隆(Ujiie takashi) プロフィール

石川県在住。林釣漁具製作所アンバサダーでイカメタル、エギング、オフショアジギングなど幅広い釣りに造詣が深いマルチアングラー。
コダワリの6.3ft

※写真はプロトタイプ

どちらの機種も全長が6.3ft。この長さは取り回しのよさを追求した結果、この長さになったとのこと。

オモリグはキャストも使用するので結構テクニカル。取り回しはイイに越したことはありません。

さらに、繊細なアタリが取れるカーボンソリッドティップを採用しているのも、ポイントの要です。

※写真はプロトタイプ

フィッシングショーにも出展予定!

このロッドが気になるけど、触って感触を確かめてみたい! という人は、大阪で開催される、フィッシングショー大阪福岡で開催される西日本釣り博で実際に見て、触ることができますよ!

あぁ、はやく触ってみたい!

そのほかイザナイスティック関連記事はこちら

【氏家隆が求めたのは「腕の延長線」】イカメタルを繊細にイザなう5ftジャストの「IZANAI stick〔攻め〕」

【ハイコスパで高性能!】HAYASHIのイカメタル専用ロッド「IZANAI stick 乗せ&掛け」

林釣漁具製作所 プロフィール

高知県高知市に拠点を置く創立1946年の老舗漁具メーカー。漁の実績に裏付けされた長年のノウハウを駆使し、ライトゲーム中心の「Tict」、エギングでは「餌木猿」、ソルトゲームの楽しさを追求する「HAYASHI」の3つのブランドを構える。各ジャンルでこだわりの詰まった製品をプロデュースしている。
釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!