【憧れの魚】ヒラメの自己記録更新!鳥羽沖のノマセ釣りがアツすぎる!

ヒラメが釣りたくて、釣りたくて仕方ない。

憧れの魚で、なかなか出会うことができないヒラメ。

ほぼルアーフィッシングオンリーだった記者が、エサ釣りに目覚めて2年。

エサ釣り、それもノマセ釣りという、生きたイワシやアジを泳がせて狙う釣りを知ってから、私のヒラメ釣りチャレンジは始まりました。

1回目

【ノマセ釣り初体験!】本場・三重県国崎沖のヒラメ狙いへ行ってきましたぁ~!

2回目

高級魚マハタが連発【大興奮のノマセ釣り】南伊勢沖がアツい!

3回目

【免許不要のボートで楽しめる!】ノマセ釣りで、今ヒラメやマゴチがアツい釣り場を紹介!

この3回目でヒラメを持っていますが、これは正確にはこのヒラメはガンゾウヒラメ。

本ヒラメはまだ釣っていません。座布団みたいなヒラメが釣りたい!

 

ということで、4回目のヒラメチャレンジに、2022年12月上旬、ヒラメ釣りの本場である三重県鳥羽・国崎へ行ってきました!

 

この日は、週刊釣場速報の公式釣りクラブである、つりそく船釣りクラブの釣行会に同行。

鳥羽のヒラメ釣りと言えば、11月に解禁となり、毎年この時期は超人気の釣り。

憧れのヒラメキャッチを夢見て、多くの釣り師たちが訪れます。

 

ただ…決してイージーではありません。

今回、お世話になった宏漁丸の船長も「ヒラメは宝くじみたいなもんや」と口にしていました。

宏漁丸の詳しい情報を見る

それでも、釣りに行かなければヒラメは釣れません。

手がかじかむ寒い日でしたが、まだ夜も明けきらぬうちに出船し、ポイントの鳥羽沖へ出船しました。

宏漁丸さんでは生きエサが付いてきます。配られたのは、イワシとアジ。

ちなみに、釣行時はイワシが1人10尾という制限つき。高水温の影響であまりストックがないそう。アジはおかわりも自由だったので、記者はとりあえずアジからスタートすることにしました(←好きな物は後にとっておくタイプ)。

初めてのノマセ釣りも1年前にこの宏漁丸さんだったのですが、その時の船長のアドバイス「オモリが底に着いたらリールを2回巻いて待つ」をノマセ釣りの基本として、ずっと実践してきた記者。

もちろん、今回も基本に忠実に、着底してからリールを2回巻いて待ちました。

すると…開始早々、根掛かり?いや、なんか重たいぞ?いやいや、引いてるやん!

 

…そんなかっこ悪いヒットではありましたが、青物ではない引きをするターゲットを、ゆっくりめに電動リールで巻いて上げていきました。

すると、水面に姿を現したのは…ヒラメ!しかもでかい!!!!!!!!!

 

姿が見えた途端、興奮が抑えられませんでした。

仲乗りさんにタモですくってもらったその魚体が…

 

THEヒラメ。比較対象がないから大きさが伝わり辛いか?

リールはフォースマスター400です。これでも分かり辛いかな?

これならどうだ!広角レンズで激写してもらったので、正確なサイズが分かり辛いですね(笑)

67.5cmのビッグサイズ!こんな立派なヒラメ、釣っちゃっていいんですか~?

抱き枕にしたいぐらい愛おしかったですが、美味しくいただくために、エラ切り&血抜き。

まだ釣り開始したばかりなのに、この1尾で気力を使い果たしてしまい、しばし呆然…

正直、私にとっては、このヒラメ1尾で十分でした。

 

でもまだ釣り時間は3時間以上もあります。

再び竿を持ち、釣りを開始。アジとイワシをローテションしながら狙っていると、イワシにアタリがきました。

イワシが暴れているのが手に伝わってから、どのタイミングに合わせるか…というのがこの釣りの醍醐味。

基本、竿先が舞い込むようなアタリまで待つのですが、「この魚はきっと青物だろう」と記者の脳が勝手に判断し、即アワセしてしまい…もちろん乗りませんでした。

上げてくると、イワシがこんな状態に…。

これ、完全にヒラメの仕業だそうです。アタリの感じを見ていた後輩も船長も、「合わせるの速すぎ」と。

数回しかないチャンスを逃してしまい、スミマセン…

でも、朝の1尾でもう、運は使い果たしているかと思われ…

 

それでもチャンスはまだまだあると狙っていきます。

でも、底付近でのアタリが少なく感じたので、ちょっとタナを上げる作戦に変更。

周りでもポツポツとメジロサイズの青物が上がっていたので、それ狙いです。

 

すると、仕かけを底から5mほど上げて、再び着底させて…の着底するかしないかの瞬間に、ひったくりバイト!

上がってきたのは、プリプリのハマチでした!

 

1年前にも釣らせてもらったハマチ。身がしっかりしていて、美味しかったのでこれは嬉しい1尾!

ありがとうございます!

 

で、納竿の11時半となり、ストップフィッシング。

大きいクーラー持ってきてよかった。

 

4回目となるヒラメチャレンジで、67.5cmというサイズを上げてしまい、もう何も言う事はないのですが、これで私のヒラメチャレンジは終了ではありません。

エサのセットの仕方、針の選び方、まだまだ試すべきことはたくさんあります。

それに、船宿さんの釣果写真や、SNSをチェックしていてヒラメが出てくると、即反応してしまい、釣りたくて仕方ありません。

こうして人は釣りにハマっていくんだな~と、再認識した釣りとなりました(笑)。

 

ノマセ釣りのヒラメ狙いは、これからが旬の釣り。防寒対策をばっちりして、ぜひ出掛けてみてくださいね!

釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!